鉄道の旅をリッチに誘う「缶ワイン」

印刷
鉄道でもワインを楽しめる
鉄道でもワインを楽しめる

   JR東日本グループの日本レストランエンタプライズは2008年10月14日、アルミ缶入りワイン「プレミアム缶ワイン」を発売する。JR東日本の新幹線や特急の車内などで限定販売する。

   山梨県のモンデ酒造が醸造した赤ワインと白ワインの2種を用意する。内容量は1本300mlで、販売価格は各500円。ワインを飲むときに便利な飲用カップが付く。

   ワインは腐食性が高く、アルミ缶への充填飲料としては向かないとされていたが、大和製罐が開発した耐腐食性の高いアルミ缶を使うことで、味を損なうことなくワインを充填できるようになったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中