金に注目! 「TOKYO GOLD WEEK」開催へ

印刷
2億円相当の純金の「贈り物」
2億円相当の純金の「贈り物」

   世界的な株価の暴落が続く中、いつまでも輝きを失わない「金」に注目してもらおうと、世界の主要金鉱山会社で組織したワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)と、金やプラチナなどの売買で知られる田中貴金属工業は、2008年10月18日から26日まで、「第2回 TOKYO GOLD WEEK」を東京都内で開催する。

   10月14日の記者発表会では、田中貴金属工業が提供した20キログラム(2億円相当)の純金を用いた「金のオブジェ」をお披露目した。テーマは「大切な贈り物」で、東京藝術大学美術学部の彫金研究所の学生が制作した。金の永遠のきらめきが、地球からの恵みであり、地球からの「贈り物」であるという想いを作品に込めた。

   また、新たに創設した「ゴールド ドリーム アワード」の受賞者を発表。「文化芸能部門」では、キャスターやタレントとしてテレビで活躍する小林麻央さん、「金の卵部門」では14歳からライブ活動を開始し05年(18歳)には初のニューヨーク単独ライブを敢行したアルトサックス奏者の矢野沙織さんを選出した。

   26日までの期間中、「TOKYO GOLD SESSION」(19日)、「TOKYO GOLD NIGHT」(21日)、「GFMS セミナー」(22日)を開く。21日にはエッセイストの楠田枝里子さんが司会のトークショーや、「イタリアン ゴールドジュエリー ファッションショー」などを催す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中