2021年 9月 25日 (土)

「慶大生」も燃える 「けん玉」人気上昇中

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

子供から老人まで対等に楽しめるのが魅力

競技用のけん玉…結構、フツー??
競技用のけん玉…結構、フツー??

   一体、けん玉の何が夢中にさせるのか? この日、最も多くのメダルを獲得したのは慶応義塾大学の秋元悟さんだ。秋元さんの段位は「6段」。指導員の資格も持つ日本でもトップクラスのけん玉選手で、児童館や幼稚園などにけん玉を教えに行くこともあるという。

   そんな、秋元さんは、けん玉の「魅力」について、

「子供から大人まで対等に遊べること。基本はやっぱり楽しんで遊ぶことですね」

と、サラリ。どんなスポーツでも競技となると楽しさを忘れてしまいがちなもの。遊びから生まれた「スポーツ・けん玉」ならではの魅力なのかもしれない。

   秋元さんが本格的にけん玉を始めたのは大学に入ってから。そこから、ほとんど独学で腕を磨いてきたそうだ。

「インターネットで検索をかけると色々なサイトがあるんですよ。始めは技なんてほとんど知らなかったんですけど、それを見ながら練習を続けました。テレビを見ながらの時間も含めると1日3時間ほど練習しているでしょうか。もう生活の一部ですね」

   けん玉は全国各地で売っているが、競技で使えるのは日本けん玉協会が認定したものだけ。大手量販店やネット通販で1000円前後で購入できるそうだ。

   なお、プレーヤーたちの名誉のために記すが、大会によっては200~800人の選手が出場することもあるのだとか。



今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!