2018年 7月 21日 (土)

超極小でも4人ラクラク トヨタ1.0L新型車「iQ」

印刷
「iQ」の100G・レザーパッケージ(オプション装着車)
「iQ」の100G・レザーパッケージ(オプション装着車)

   トヨタ自動車は、超小型ボディーの新型車「iQ」を全国のネッツ店を通じて、2008年11月20日から発売する。

   「iQ」の主な特長としては、全長2985×全幅1680×全高1500mmという極小ボディーながらも4人乗車可能な超高効率パッケージと、同排気量トップレベルの低燃費・優れた環境性能にある。前者においては、トランスミッション構造の変更や、ステアリングギアボックスの上方配置、さらには燃料タンクのフラット化、エアコンの小型化などを行うことで、ゆとりのスペースを確保。

   後者についても、1.0L車でトップレベルの10・15モード走行燃費23.0km/Lを実現するとともに、新燃費基準の試験方法となるJC08モード走行燃費21.0km/L(国土交通省審査値)を達成。加えて、独自の環境評価システム「Eco-VAS」を活用し、CO2排出量をはじめ環境負荷を軽減するなど、エコ対策も充実している。

   なお「iQ」を日欧同一の車名とし、2009年初頭より欧州でも販売を開始。

   メーカー希望小売価格は「100X」(4人乗り・2WD)が140万円、「100G」(同)が150万円、レザーパッケージは160万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中