超極小でも4人ラクラク トヨタ1.0L新型車「iQ」

印刷
「iQ」の100G・レザーパッケージ(オプション装着車)
「iQ」の100G・レザーパッケージ(オプション装着車)

   トヨタ自動車は、超小型ボディーの新型車「iQ」を全国のネッツ店を通じて、2008年11月20日から発売する。

   「iQ」の主な特長としては、全長2985×全幅1680×全高1500mmという極小ボディーながらも4人乗車可能な超高効率パッケージと、同排気量トップレベルの低燃費・優れた環境性能にある。前者においては、トランスミッション構造の変更や、ステアリングギアボックスの上方配置、さらには燃料タンクのフラット化、エアコンの小型化などを行うことで、ゆとりのスペースを確保。

   後者についても、1.0L車でトップレベルの10・15モード走行燃費23.0km/Lを実現するとともに、新燃費基準の試験方法となるJC08モード走行燃費21.0km/L(国土交通省審査値)を達成。加えて、独自の環境評価システム「Eco-VAS」を活用し、CO2排出量をはじめ環境負荷を軽減するなど、エコ対策も充実している。

   なお「iQ」を日欧同一の車名とし、2009年初頭より欧州でも販売を開始。

   メーカー希望小売価格は「100X」(4人乗り・2WD)が140万円、「100G」(同)が150万円、レザーパッケージは160万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中