「巧みの技」で幸せ祈るご祝儀袋

印刷
デザインフィル  「金封 結婚祝」
デザインフィル 「金封 結婚祝」

   コマーシャルデザイン事業やデザイン・ステーショナリーを手がけるデザインフィルは、越前の透かし和紙や伊予の水引といった日本の伝統ある「巧みの技」に、現代的なアレンジを加えた新しいタイプのご祝儀袋「金封 結婚祝」を、2008年11月11日から発売する。

   良質な素材の良さを引き立てたシンプルなデザインで、伝統と格式を重んじ、かつ斬新でスタイリッシュに仕上げた。アルファベットを和紙にあしらった「コングラチュレーション柄」と、贈り物やお金を和紙で包む日本古来の礼法である「折形(おりがた)柄」、婚礼の縁起物である「矢絣(やがすり)柄」の3タイプを、1500年の歴史をもつ越前和紙の透かし技法で表現。伊予の水引を、白と青(コングラチュレーション柄)、赤と白(折形柄)、金と銀(矢絣柄)に染め上げた。水引の結びは祝儀に好んで用いられる「あわじ結び」。男性のスーツの内ポケットにも入るスリムな大きさにした。希望小売価格は525円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中