海外のベストセラー商品登場 三菱鉛筆のボールペン

印刷
三菱鉛筆「ユニボールシグノ207」

   三菱鉛筆は、北米を中心とした海外のベストセラー商品で、耐久性・耐光性に優れたノック式水性顔料ゲルインクボールペン「ユニボールシグノ207」を、2008年10月17日から発売する。

   軸デザインに光沢と黒を基調としたカラーリングや金属クリップなどを採用した商品で、03年末から海外で先行販売。なめらかな書き味とあざやかな描線、スタイリッシュな軸デザインが受け入れられて、北米などで大ヒットしていた。また、顔料インクは耐水性や耐光性に加えて耐薬品性にも優れていて、「サイン」が一般的な北米では重要な書類や小切手に書いた自筆の文字が改ざんされることのないボールペンとして高い評価を得ている。

   ボール径は、0.7ミリと0.5ミリ。色は黒、赤、青。価格は1本210円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中