裸眼でも立体的にみえる「3D液晶ディスプレイ」

印刷

   NEC液晶テクノロジーは、専用のメガネを使わず、裸眼でも立体的にみえる対角31センチ(12.1型)SVGA(800×600ピクセル)表示対応のアモルファシスシリコンTFT(薄膜トランジスタ)カラー液晶テレビを開発した。2008年10月15日に発表した。

   この液晶ディスプレイモジュールは、NEC独自の3D表示用画素配列であるHDDP(Horizontally Double-Density Pixels)方式を採用し、光学素子を組み合わせることで実現したもので、専用のメガネを使用することなく高精細な3D表示を行う。

   米国を中心に映画やゲームといったエンターテイメント、アミューズメントの分野での3Dコンテンツの増加や、国内でも07年12月から3D放送がはじまるなど3Dコンテンツが急速に普及しはじめたことに対応。また、工業用や医療用画像解析などの場面でも3D化のニーズが高まっており、高品位な3D映像を提供できるハードウエアの登場が待たれていた。

   NEC液晶テクノロジーは今後、3D液晶ディスプレイの09年度中の量産化をめざして研究・開発を進める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中