2018年 5月 28日 (月)

販売2日目は45分で売り切れ「ゆめぴりか」

印刷
今回を逃すと来秋まで買えない
今回を逃すと来秋まで買えない

   2008年10月21日から開かれている「2008ホクレン大収穫祭」(三越札幌店10階催し物会場)で販売中の道産米新品種「ゆめぴりか」が、イベント初日の1時間に続いて2日目もわずか45分で完売となった。「ゆめぴりか」の名称は、農産物検査法上の品種登録が終わっていないため使用できず、今回はホクレンの高級米ブランド「八十九」の名で販売している。

   同収穫祭にはジャガイモや玉ネギなど約1000種類の商品が揃うが、来場客の関心は圧倒的に「ゆめぴりか」。品種改良を重ね、本州産にひけをとらないふっくら感とねばりが備わったと評判で、「コシヒカリと肩を並べる」という声も上がっていた。

   ホクレンによると、今回は「試験栽培したものを販売している」とのことで、イベント最終日(27日)までの1週間、1人1袋に限られ、各日300袋の限定販売。価格は1袋(2キロ)1000円。

   本格販売は来年10月中旬予定だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中