手塚治虫生誕80周年 「光と闇」に迫る展覧会

印刷
手塚治虫の「光と闇」とは?(C)Tezuka Productions / ENLIGHTENMENT
手塚治虫の「光と闇」とは?
(C)Tezuka Productions / ENLIGHTENMENT

   東京都渋谷区のパルコファクトリーとロゴスギャラリーで2008年10月24日から、漫画家・手塚治虫の生誕80周年を記念した展覧会「tezuka gene Light in the Darkness」が開かれる。08年11月10日まで。

   手塚作品の原画やアニメーションをはじめ、現在活躍しているアーティストが手塚作品をモチーフに制作した作品などが展示される。手塚治虫の世界観や、手塚作品から感じられる「光と闇」に迫る内容だという。

   入場料は一般300円、生徒・学生200円、小学生以下無料。(ロゴスギャラリーは入場無料。)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中