「せんとくん」と「女子大」の意外なつながり

印刷
籔内さんが制作した大妻コタカ胸像
籔内さんが制作した大妻コタカ胸像

   2008年11月29日、大妻女子大学の千代田キャンパスで、平城遷都1300年記念事業マスコット「せんとくん」の作者としても知られる彫刻家・籔内佐斗司(やぶうちさとし)氏による講演会が開催される。

   籔内氏は現在、東京芸術大学大学院の文化財保存学教授で、大妻女子大の多摩キャンパスに設置された創立者・大妻コタカ胸像の制作者でもある。

   今回は「日本の伝統文化シリーズ」と題された文化講演会の第9回にあたり、第1部では大妻コタカ氏の胸像制作について、第2部では、せんとくんと現代ネット社会についてそれぞれ話をする。

   また、当日は せんとくんの兄である「鹿坊(ろくぼう)」の着ぐるみも来校する予定だ。

   時間は第1部が13~14時、第2部が14時15分~15時15分。参加無料だが、事前に大妻コタカ記念会への電話予約が必要。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中