「匠の技」を生かした木製スピーカー

印刷
インテリアとしても映えるシンプルなデザイン
インテリアとしても映えるシンプルなデザイン

   ソニーは2008年12月20日、最上級スピーカーシステム「AR」シリーズの新商品として「SS-AR2」を発売する。

   「AR」シリーズの最上位機種「SS-AR1」と同じ中・高音域用のスピーカーユニットと、新開発の低音域用ウーファーを搭載した。立ち上がりが早く、伸びやかな音を楽しめる。

   本体の素材には、北海道産の楓と北米産の樺を採用。堅い楓と柔らかい樺を組み合わせたことで、不要な振動を抑えられるほか、整った音を再生できるという。木材の加工には、木工職人の技を生かした。

   リビングに置いたときにも違和感のないデザインを追及し、表面にはピアノと同様の塗装を施した。希望小売価格は1台63万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中