2018年 7月 19日 (木)

消毒薬にも負けない医療現場向けPC

印刷
タッチパネルを備え、タッチして操作する
タッチパネルを備え、タッチして操作する

   パナソニックは衝撃に強い頑丈設計の小型パソコン「TOUGHBOOK」シリーズの新製品として、医療現場向けの「CF-H1」を2009年3月10日に売り出す。

   タッチパネル式の10.4型液晶画面を搭載しており、液晶画面をタッチして操作する。本体は衝撃や落下に強く、防塵防滴性能も持つ設計だが、更に医療現場のニーズに合わせてアルコールや次亜塩素酸など腐食性の強い消毒薬への耐久性も持たせた。ハンドルやストラップ付きで持ち運びやすい。病院や訪問看護といった医療現場での使用を見込む。

   インテル社の小型PC向けCPU「Atom Z540」を採用し、容量80GBのハードディスクを搭載する。重さは約1.5kgで、バッテリーで8時間使える。参考価格は26万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中