「豊胸」手術の進化に驚愕 「最先端機器導入」で日帰りも可能に

印刷

   大手美容外科のオザキクリニック(東京・新宿、祐天寺、羽村)で受けられる「セル・フォーミング豊胸術」が注目を集めている。最先端のシステムを導入し、自らの脂肪から抽出した幹細胞を濃縮、脂肪とともに注入するという画期的なもので、高い「生着率」が大きな特長だ。脂肪組織から採取した幹細胞を注入しての「豊胸」は、この数年、美容外科だけでなく、複数の総合病院でも「乳房再建」という形で臨床研究が進んでおり、「再生医療」に対する関心は日増しに高まっている。

「脂肪組織」から「幹細胞」が抽出されて大きく前進

脂肪由来の幹細胞は様々な細胞に分化する
脂肪由来の幹細胞は様々な細胞に分化する

   「豊胸」は女性にとって多大なる夢。ただ、脂肪やヒアルロン酸の注入やシリコンなどの異物挿入という既存の手法では脂肪の「脱落」「吸収」や「合併症」という事態を招くケースが多く、特に脂肪・ヒアルロン酸の注入は一見スムーズに思えるが、半分以上が体内へ吸収されるため限界があった。そうしたなか、2001年にアメリカで「脂肪組織」からさまざまな組織を「再生」する「(成人性)幹細胞」が抽出されたことにより、「豊胸手術」の未来は大きく開けたのである。

   この脂肪由来の「幹細胞」は体外で容易に培養することが可能で、脂肪組織、肝細胞、骨細胞、血管内皮細胞、心筋細胞その他に分化する能力を保持。また、同時に「無限の自己複製能力」があるといわれている。イモリの手足や尾が切られてもまた生えてくるのはそのためだ。従って、豊胸手術においても「幹細胞」を脂肪と混ぜて移植すると脂肪組織は定着、「脂肪組織の脱落」というかねてからの問題点もクリアされた。その生着率は80~90%だという。

「サイトリ」社の最新装置導入で時間を短縮

「豊胸」は女性にとって永遠の夢
「豊胸」は女性にとって永遠の夢

   「オザキクリニック」は、豊胸手術において日本の美容外科で2番目に「脂肪組織由来の成人性幹細胞移植」を開始。そこで重要な役割を果たしているのが「サイトリ・セラピューティクス社」の脂肪由来細胞群分離装置だ。脂肪組織から「脂肪」と「幹細胞」に分離する作業は、これまで行われていた「マニュアル法」だと5~6時間かかっていたが、同装置を使用する「セル・フォーミング豊胸術」であれば約1時間(脂肪組織100mlの場合)で終了。トータルの施術時間も約4時間で済むため日帰り施術が可能となっている。

   「セル・フォーミング豊胸術」を受ける際の流れは以下のとおり。

(1)ドクターによる施術の説明などのカウンセリング
(2)血液検査などのメディカルチェック
(3)患者の体調を把握するため、マンモグラフィー、乳腺超音波検査
(4)麻酔
(5)脂肪吸引・脂肪採取
(基本的に、血管が少なくても生着しやすい脂肪は、腹部・臀部、大腿部から吸引)
(6)セリューション・システムで脂肪と幹細胞の分離
(7)抽出した幹細胞を、注入用の脂肪と混合
(8)幹細胞が濃縮された脂肪を注入

   他の美容外科医院にも幹細胞を用いた豊胸術を実施しているところがあるが、その違いについて「オザキクリニック」新宿院の筒井裕介院長はこう話している。

「良質の幹細胞のみを正確に抽出する技術こそ脂肪細胞の生着につながるのですが、この技術を使えるのはセリューション・システムを導入しているクリニックか、細胞調整室という大掛かりな設備を導入しているクリニックに限ります。従って、幹細胞を使ったとうたっていても、こうした技術や設備がなければ、従来の脂肪注入とほとんど変わりません」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中