インク不要のフォトプリンター

印刷
手のひらサイズで写真をどこでもプリントできる

   日本ポラロイドは2008年11月20日、インク不要の小型フォトプリンター「Polaroid PoGo」を発売する。

   同社が開発した「Zero Ink」技術を使い、専用の印画紙を熱で発色させる仕組み。デジタルカメラなどで撮影した画像を、1枚60秒でプリントできる。プリントサイズは4.98cm×7.2cm。画像は無線通信規格「Bluetooth」やUSBケーブルで転送する。

   本体は縦7センチ、横11.8cm、厚さ2.3cmで227gと小型軽量な設計にした。バッテリーも内蔵し、フル充電で15枚程度のプリントが可能だ。想定価格は本体が1万8000円前後、専用の印画紙が10枚入りで400円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中