2018年 5月 28日 (月)

日本初「ディズニー」クレジットカード ポイント貯めれば特典いっぱい

印刷
カードをPRする左からオリエンタルランドの福島祥郎代表取締役社長(兼)COO、ウォルト・ディズニー・ジャパンのポール・キャンドランド代表取締役社長、ジェーシービーの髙倉民夫代表取締役兼執行役員社長
カードをPRする左からオリエンタルランドの福島祥郎代表取締役社長(兼)COO、ウォルト・ディズニー・ジャパンのポール・キャンドランド代表取締役社長、ジェーシービーの髙倉民夫代表取締役兼執行役員社長

   日本初となる「ディズニー」ブランドのクレジットカード「ディズニー★JCBカード」が2008年11月18日に誕生し、同日より会員を募集している。ウォルト・ディズニー・ジャパンとカード会社のジェーシービーのコラボレーションで実現、ディズニーならではの特典が満載だ。

   カードの利用額に応じて付与されるポイントを集めると、「東京ディズニーランド」や「東京ディズニーシー」などのディズニー関連施設において、1ポイント1円でショッピングに使えるほか、ディズニーの商品や特典・サービスと交換することも可能。ポイントは家族で分け合えて、満6歳以上13歳未満の子供には家族で貯めたポイントで買い物ができる「ディズニー・キッズポイントカード」が発行される。

   さらに会員特典として、抽選でディズニーの仲間たちとふれあえる「キャラクターグリーティング」ほか、東京ディズニーリゾートで開催される特別イベントへの招待や、ディズニーオリジナルグッズのプレゼントも。

   「ディズニー★JCBカード」には、スタンダードカードとゴールドカードの2種類あり、年会費はスタンダードカードが2100円(初年度無料)、ゴールドカードは1万3650円。デザインは全6種。ミッキーマウス、ティンカー・ベル、スティッチなどのキャラクターから選べる。

   ウォルト・ディズニー・ジャパンのポール・キャンドランド代表取締役社長は同日に行われた発表会で、「かなりかわいいデザインです。毎日の生活に小さな楽しさをもたらすカードになるでしょう」とPR。また、ジェーシービーの髙倉民夫代表取締役兼執行役員社長は、「5年間で50万枚の普及を目指す」としている。

   会員専用の「ディズニー・カードクラブ」サイトはこちら(http://DisneyCardClub.jp/)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中