「麦ワイン」超人気 ボージョレもかすむ!?

印刷
ボージョレに刺客あらわる!
ボージョレに刺客あらわる!

   神奈川県の元祖地ビール屋「サンクトガーレン」は、麦ワイン「el Diablo(エル・ディアブロ」をボージョレ・ヌーボー解禁日となる2008年11月20日に3000本限定で発売する。

   「麦ワイン」は正確には「ワイン」ではなく「ビール」。ブドウの栽培ができなかったイギリスが、フランスのワインに対抗してつくったとも伝えられ、ワインのように高アルコールで月日を経て熟成することが名前の由来になっている。

   その秘密は普通のビールの何倍もの量の麦芽・ホップを使用することにあり、味わいは濃厚で蜜のようにとろりとした口当たりをしているという。

   ネットなどでの直接販売分1000本にはすでに予約が入っており、「サンクトガーレン」側は、百貨店などの店頭で販売される残りの2000本を巡り「争奪戦は必至」とみている。

   価格は300mlで1050円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中