超音波、赤外線方式の「デジタルペン」

印刷
会議や商談、また移動中などでも便利
会議や商談、また移動中などでも便利

   ぺんてるは、書いた筆跡をそのままデジタル複写できる超音波・赤外線方式のデジタルペン「airpenMINI(エアペンミニ)」を2008年11月28日より発売する。

   紙などに絵や文章を書くと、ペン先から超音波と赤外線が発信され、メモリを搭載した受信ユニットが筆跡情報を記憶する仕組みで、いつでもデジタル複写可能。

   受信ユニットは、ペンケースに入れて持ち運べるほど軽量かつコンパクトなため、普通紙のノート上部に取り付けて利用できる。

   また、今回の製品には感圧スイッチを使っているため、一般的なデジタルペンに比べて使用時の違和感を大幅に低減。普段のペンを使う感覚とほぼ同じ使い心地にした。

   PCへデータを吸い上げる際、同時に手書き文字をテキスト化するため、メモ書きの検索が容易であるとともに、イラストや図はBMP、JPEG、ベクターデータ(SVG)などに出力できる。

   メモリー容量は2MB(A5/約100ページ相当)、筆記可能領域はA4サイズまで。

   受信ユニットは、リチウムイオン充電池を使用し、連続使用15 時間。ペンは、連続筆記で90時間程度。

   価格は1万4800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中