「顔写真入りケーキ」も出る! 豪華なキッズ誕生パーティー

印刷

   最近、体調を崩して手術することになったため、少しお休みをいただいておりましたが、今回より再スタートしますので、これからもよろしくお願いします。

   さて、手術の前でしたが、立て続けに娘の友達の誕生パーティーに出席する機会がありました。プリスクールに通い出すとこういったイベント参加が増えるとは聞いてましたが、本当にそうなんですね。

   その、派手さには本当に驚くばかり。知人の「誕生会をするために借金するハメになる」という言葉を思い出しましたが「こんなに幼いころから豪華なことをやっても、子供の記憶にどれほど残るのだろうか?」というのが素朴な疑問です。

「ボーリング場」は誕生パーティーのメッカだった!?

子供のうれしさが写真から伝わってきます
子供のうれしさが写真から伝わってきます

   最初の誕生パーティーの会場はなんとボーリング場! 隅の2レーンを貸し切りにして子供達がプレーするのですが、ガーターがでないようサイドにはロープが張ってある。なるほどこれはグッドアイデア。で、肝心なパーティーをやる場所自体はその後方にありました。

   用意されたテーブルは風船などで飾られ、そこでピザやケーキを食べたり、プレゼントを開けたりするのです。

   次の誕生パーティーもこれまたボーリング場でした。結構、ボーリング場での誕生パーティーがアメリカの都市部ではポピュラーになっているということでしょう。ただ、この時はボーリングせず、場内の一角にあるパーティールームでの誕生パーティーでした。

   ピンク色の風船が部屋いっぱいに飾られ、壁のあちこちにこれまたピンク色の「Princess」や「Angel」といった文字が踊っています。

   40人もの子供達が招待されたこの会は、手作り感満載。料理は、誕生日を迎えた主役の女の子の母親と、その家族の手による物で20品ほど並べられていました。女の子と母親が着用しているドレスも母親自身の手でつくられたものだとか。

   子供達のために、バルーン・レディー(風船をつくってくれる女性)と、顔や手にペインティングをしてくれる女性、オリジナルのStory Time(本の読み聞かせ)をしてくれる人がいましたが、極めつきは手品師! ウサギが飛び出したり、鳩がパッと消えたり・・・と大人も子供も大喜びでした。

味のほうはご想像に・・・

   そしてその2つのパーティーで印象的だったのはケーキ。

   2つ目のパーティーのケーキは母親の手作りで、焼くのに1日、デコレーションに1日費やしたといいます。まるで結婚披露宴にでてきそうな代物ですが、見た目のハデさだけでなく、味もおいしくて評判上々でした。

   最初のパーティーでは子供の顔写真が入った長方形のケーキが登場。"Photo cake"とよばれるたぐいのこのケーキは、最近どこでも注文できるようになっているようです。

   近所にあるチェーン店スーパーのAlbertsonのベーカリーコーナーに行ってみたところ、cakes.comのケーキのサンプル本がカウンターに置いてありました。その中に写真を使えるPhoto Cake Frameというデザインがあり、現像した写真をもって、自分のほしいものを選びます。

   Frameには男の子用・女の子用とあり、たとえば女の子用は雑誌の表紙風レイアウトや、お姫さまの絵が描かれたデザインが人気だとか。

   値段は店やサイズによっていろいろですが、20ドル(約1900円)ぐらいからあるようです。

   味も選べるし、色合いに関しても指定すればリクエストに応えてくれる。ミッキーマウス、ドラ、そしていまティーンに爆発的人気のハンナ・モンタナのものもあり、子供たちにとってはたまらないケーキとなっています。

   もっとも、味はどうかというと・・・。この点は皆さんのご想像にお任せしましょう。

   いずれにしても楽しそうなので、来月、私の誕生日の際に注文してみようと思い、夫に相談してみましたが「いいかげんにしなさいっ!」と、一蹴されてしまいました。

   でも、あきらめたわけではありません。せっかくアメリカにいるんですから、なんとかして注文しようとたくらんでいるところです。

アメリカで子供を育てたくなった?
お金がかかりそうだけど、いい思い出になりそう。トライしたい
機会があればぜひとも!
自分の子は日本でいいです
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中