福岡発「本物」「絶品」のジンジャーエール

印刷
プロがつくったジンジャーエール「n.e.o」
プロがつくったジンジャーエール「n.e.o」

   今まで飲んでいた「ジンジャーエール」は、何だったのか?

   サンボア(福岡・博多区)が2008年6月に販売を始めた「n.e.o(ネオ)プレミアムジンジャーエール」が折からの生姜ブームにも乗って大人気だ。

   一般的なジンジャーエールはフレーバーで味付けされただけなため、生姜本来の"ジリッ"とした辛さがないが、この「n.e.o」は別。生姜の風味はもちろん、かなりハードなのどこしも楽しめる。

   「おいしいモスコミュールをつくりたい」というバーテンダーらの声に応えるかたちで商品化された、基本的には業務用商品であるため、「モスコミュール」やビールをジンジャーエールで割ったカクテル「シャンディガフ」などを出す飲食店やホテルバーなどに販売されている。ただ、冷やしてそのまま飲んでもあまりにイケるため、評判を聞きつけた一般個人からの注文が殺到しているという。

   商品は「ナマ生姜」と香辛料を長時間煮だしたエキスを使用。バーテンダーの個性が生かせるよう、材料の選定から配合、味、香り、グラスに注いだ際の容量を含め、細部にまでこだわってつくられている。

   内容量95ミリリットル。価格は6本セット945円、24本セット3780円。購入はサンボア系列「はかた寿賀や」のHP(http://hakatasugaya.com/)。百貨店、酒販店などでは単品(157円)でも可。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中