ロマンだよ!本格的な「太陽系儀」作れるマガジン創刊

印刷
完成版。本誌は2009年世界天文年の公式認定図書ともなっている
完成版。本誌は2009年世界天文年の公式認定図書ともなっている

   デアゴスティーニ・ジャパンは2009年1月13日、毎号、付録のパーツを組み立てていくと「天体模型(太陽系儀)」が作れる宇宙科学雑誌「週刊天体模型 太陽系をつくる」を全国の書店で発売する。

   同誌は毎週火曜日の発売で全52回。創刊号のパーツは日付が刻印されたベースプレートで、それ以降のものを地道に組み合わせていくことで太陽系惑星の公転をリアルに再現できる天体模型(高さ約33センチ、幅約38センチ)が完成するというものだ。

   緻密(ちみつ)な設計と精密加工されたパーツ構成により、惑星の運行を精密に表現できるこの模型は、金属加工芸術家、ルイス・カルメルスによって設計されたモデルをもとに、06年国際天文学連合決議を反映して製作した本格的な「ディアゴスティーニオリジナルモデル」。

   雑誌全体は、パーツの組み立て概要や模型の操作方法などを説明する「太陽系模型ガイド」、太陽系の位置、大きさ、惑星群との関係を解説する「神秘の太陽系」など計7つの章から構成され、宇宙に関する知識や情報が幅広く得られる内容になっている。

   途中から買い始めたり、買いそびれてしまった号がある場合などは、書店に頼めばバックナンバーを取り寄せてもらうことも可能。

   価格は創刊号が790円、2号以降は通常価格1790円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中