2018年 5月 28日 (月)

キャビンを長くした「アルト ラパン」

印刷
吸音タイプの成形天井の採用など、遮音性も高めた新型
吸音タイプの成形天井の採用など、遮音性も高めた新型

   スズキは、「アルト ラパン」をフルモデルチェンジし、2008年11月26日から売り出した。

   先代から引き続いて丸みのある箱型デザインを踏襲したエクステリアは、フロントガラスを前進させ、角度を立たせることによりロングキャビンとした。グリップタイプのドアハンドル、14インチタイヤの採用なども行われている。

   インテリアでは、全10色が用意されたボディカラーに合わせ3種類の内装色を設定、カラードインパネの採用などによりスタイリッシュなものとしている。フロントシートの調整幅を増やし、ドアの開口幅や開度を大きくするなどして居住性、乗降性も向上させた。

   エンジンは直3NAエンジンと直3ターボエンジンの2種類。トランスミッションはCVT中心となるが、NAエンジンでは4速ATも選ぶことができる。

   価格は104万7900円~155万4000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中