新型「フェアレディZ」を大幅改造 走り部分の性能アップ

印刷
ボディカラーは新色3色を含む全8色
ボディカラーは新色3色を含む全8色

   日産自動車は、「フェアレディZ」をフルモデルチェンジし、2008年12月1日に売り出した。

   先代と比較するとキープコンセプトの色合いが濃いエクステリアデザインながら、全長は65mm、ホイールベースは100mm、それぞれ縮小されており、運動性能向上を図っている。全長×全幅×全高は4250×1845×1315(単位はmm)。

   最高出力336psの3.7リッターV6エンジンをフロントに搭載し、シンクロレブコントロール付6速MTまたはマニュアルモード付7速ATを介して後輪を駆動する。ペダル、ステアリングの配置見直し、視認性を高めたメーター、体をしっかり支えるシートの採用など走りに影響する部分には多くの改良を施している。

   全4グレードのラインアップとなり、価格は362万2500円~446万2500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中