「16歳」でプロになった矢野沙織 サックスで「歌う」B・ホリデイ

印刷

矢野 沙織
『GLOOMY SUNDAY -Tribute To Billie Holiday-』
COCB-53752
3000円
12月3日発売
SAVOY/Columbia Music Entertainment


   ビリー・ホリデイと聞けば、胸のあたりがザワつく。決して好きで好きで聴き倒したと言うのでもないのだけれど、なにか胸の奥の方で、カサブタが剥がれるような少々の痛みと、カサついた感じが蘇る。彼女のバイオは自伝『奇妙な果実』(晶文社 油井正一・大橋巨泉訳)を読んでいただき理解していただくこととしても、最高の女性ジャズ・シンガー、ジャズ・ジャイアンツの1人と言われた彼女の生涯は、一度として幸せな時間はなかったのでないかと思わざるを得ない。薬と暴力と、破滅的なその人生は、痛々しくさえある。だが、彼女の歌は、深く胸に刻まれ離れることがない。代表曲「Strange Fruit(奇妙な果実)」に、シャンソンのダミアも歌った「Gloomy Sunday(暗い日曜日)」、それに彼女の死後、彼女の晩年のピアノマンだったマル・ウォルドロンが彼女の残した詞に曲をつけた「Left Alone」など、一度聴くと忘れることのできない楽曲が一気に蘇る。

   ビリー・ホリデイを好きなミュージシャンはたくさんいるが、矢野沙織もその1人だ。わずか16歳でプロ・サックス・プレーヤーとしてデビューした彼女は、ビリー・ホリデイの楽曲に魅せられ、自伝を読み、そしてフェイヴァリット・アーティストの1人としてビリー・ホリデイをリスペクトしている。そして自分にとってのビリー・ホリデイの「歌」を、サックスで「歌った」のがこのアルバムだ。矢野沙織のサックスは、確かにビリー・ホリデイを「歌って」いる。だが、胸のガサつきはない。なぜなら、矢野にとってのビリー・ホリデイは、決して肯定できる人格として存在しないからだ。音楽として、歌い手としてのビリー・ホリデイの素晴らしさを、サックスにのせている。それが、逆にビリー・ホリデイを際立たせる。

   ちなみにこのアルバムは「ビリー・ホリデイ没後50年記念企画」として出される。

【GLOOMY SUNDAY -Tribute To Billie Holiday- 収録曲】
1.Don't explain
2.Yesterdays
3.Lover Man
4.Everything Happens To Me
5.Night & Day
6.Summertime
7.Gloomy Sunday
8.Strange Fruit
9.Left Alone

16歳のころ、どんなことを考えていた?
いい大学に入っていいとこに就職
連日、部活で追いまくられ。将来はプロへ
ただただボーッと、帰宅部です
将来は会社社長。六本木にオフィスだ!
20歳で結婚しちゃおうっと!

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中