「毛髪」とコラーゲンペプチドの気になる関係 明治製菓が研究発表

印刷
コラーゲンペプチドで毛髪がすこやかに

   明治製菓は2008年12月2日、都内のホテルで最新コラーゲンの研究報告「コラーゲンペプチド含有食品摂取による毛髪への有効性」に関するマスコミセミナーを開催。そこで「コラーゲンペプチド含有食品摂取による毛髪に対する効果確認試験」の結果を発表した。

   判明したのは以下の通り。

「コラーゲンペプチド5000mgを含む食品は、コラーゲンペプチドを含まない対象食品に比べ、健康な髪の指標のひとつである毛髪直径が有意に増加した」
「自覚的アンケート調査では、すべての項目でのコラーゲンペプチド5000mgを含む食品の改善率が高く、「なめらかさ」では、統計的な改善傾向を示した」

   以上のことから、コラーゲンペプチド1日5000mgを8週間摂取することにより、安全に健康な髪の指標のひとつである毛髪直径が毛髪直径を有意に増加させることが確認され、コラーゲンペプチドの摂取は「髪を健康維持」に寄与できる可能性があるという。

   この試験は健常成人女性64人を対象とし、32人ずつの2つのグループに分け、一方には、コラーゲンペプチド5000mgを含む食品を、もう一方にはコラーゲンペプチドを含まない対象食品を、各々8週間摂取。毛髪直径の測定および被験者の自覚症状の変化をアンケート(まとまり、ツヤ、なめらかさ、しっとり感)し、総合的に評価した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中