お台場に誕生 「スヌーピー」の世界たんのうできるカフェ

印刷
店内イメージ。実際の様子は、行ってからのお楽しみ
店内イメージ。実際の様子は、行ってからのお楽しみ

   パコマが運営する「Snoopy Cafe」お台場店(東京・港区)が2008年12月6日、ヴィーナスフォート内にオープンする。

   名前の通り、スヌーピーのキャラクターを店舗、メニュー、グッズなど至る所に散りばめ、「PEANUTS」の世界観を再現したカフェだ。第1号店は横浜、第2号店は千葉にそれぞれ出店済みで、今回は第3号店になる。

   お台場店の最大の特徴はドッグカフェを併設したセルフサービス・カフェであること。メニューは主にスイーツに重点を置いており、プレーンマフィン(300円)、チョコ&バナナサンデー(500円)、スヌーピーあんぱん(250円)などがある。

   また、店内ではマグカップやソーサーなど、「スヌーピー×カフェ」をコンセプトとした150種類以上のオリジナルグッズも販売。ほかにも、スヌーピープレートつきのクリスマスケーキ(12月3日より店舗にて予約販売)など、充実した品揃えが目玉だ。

   営業時間は11時~23時(予定)。

Snoopy Cafeに行ったら何を食べてみたい?
プレーンマフィン
チョコ&バナナサンデー
スヌーピーあんぱん
わかんないけど、その他
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中