「アコード」シリーズの8代目登場

印刷
ボディカラーは全7色の設定
ボディカラーは全7色の設定

   ホンダは、「アコード/アコードツアラー」をフルモデルチェンジし、2008年12月5日に売り出した。

   8代目に当たる新「アコード」は全長×全幅×全高が4730×1840×1440、「ツアラー」は4750×1840×1470(いずれも単位はmm)となり、先代に比べ大きくなっている。エンジンはいずれも最高出力206psの2.4L直4のみが用意され、組み合わされるトランスミッションもパドルシフト付5速ATのみ。

   走行面では、操舵力アシストシステム「モーションアダプティブEPS」が全車に標準装備される。車両挙動安定化制御システムVSAとあいまって、車両の安定性を高めているという。

   価格は「アコード」が270万円~380万円、「アコードツアラー」が295万円~410万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中