見た目は全くの「しょうゆ」 なのにオレンジジュース!!

印刷

   見た目はしょうゆにしか見えないユニークなオレンジジュース「なんちゃってオレンジ」がもっぱらの話題だ。このアイディア、実は、発売元の社長自らが考え出したものだった。

見た目はまるでしょうゆ「なんちゃってオレンジ」

見た目は「しょうゆ」そっくり!でも、中身は……
見た目は「しょうゆ」そっくり!でも、中身は……

   その飲み物とは、チェリオが2008年11月10日から東日本エリアで売り出したジュース「なんちゃってオレンジ」。写真を見ればわかるとおり、見た目はまったくのしょうゆ。飲み物の色は真っ黒だし、パッケージはしょうゆのボトルを思わせる。

   また、キャップは赤く、ボトルをつつむラベルが「それ」っぽい。だから、ボトルの下には、「これはしょうゆではありません」との注意書きもついている。味はというとボトルからは思いもつかない、オレンジ味だ。カラメルにより着色しているそうだ。

   価格は147円。12月1日からは西日本でも発売された。コンビニエンスストアなどで購入できる。

「どうせやるなら、しょうゆぐらいやらなくては」

   どうして、こんな飲み物を作ったのだろう? J-CASTモノウォッチ記者が、この商品の発案者に――すなわち、チェリオの菅春貴社長に開発の経緯をきいた。

――なぜ、このような商品作ったのでしょうか?

菅社長 チェリオではこれまで、見かけはオレンジ色だけど、中身はグレープジュースという「なんちゃって」シリーズを売り出してきました。3回くらい似た商品を出してそれなりに面白いものでしたが、また同じネタでやるのはマンネリかな、と。そこで、思いついたのが「しょうゆ」です。

――なぜ、「しょうゆ」を?

菅社長 どうせやるなら、しょうゆぐらいやらなくては、と思いました(笑)。今年の正月ぐらいに思いついたのですが、営業会議で提案したところ、社員からは「売れませんよ」と言われてしまって(笑)。
ところが、秋口、冬向けの新商品として、ためしにやってみようということになりました。色を黒くしたオレンジジュースを作り、ペットボトルも丁度いいものが見つかって商品が完成しました。モノができると営業の社員たちも一転、コレ面白いんじゃないかって、がんばってくれました(笑)。

――「なんちゃってオレンジ」の狙いは?

菅社長 ジュースとしても、いろいろな商品が出ているので、インパクトのあるものがほしかった。ただ、しょうゆを誤って飲んでしまうという事故があるといけないので、注意書きを増やして工夫しました。

――お客さんの反響も楽しみなのでは?

菅社長 あるお店では、1日に120本も売り上げたという話を聞いています。まさか、と思った人が多かったのではないでしょうか。また、お店の冷蔵庫に「しょうゆ」が並んでいるのには、びっくりしたのでしょうね。

――次は何か新商品を考えていますか?

菅社長 次は何やるんだという話はあります。ですが、ひとまず担当者と話して反響を整理した上で、今後どういったものを作りたいのかを相談したい。でも、「しょうゆ」を超えられるインパクトのあるものは難しいな、という気持ちもあるのですが……。

   宣伝担当者の話では、菅社長はいつも面白いことを考えているユニークで魅力的な人らしい。この次はどんな商品が並ぶのか、期待したい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中