キャンギャルが来社 最新ゲームPR

印刷
ゲームを手にポーズを決める(左から)大野恵子さん、竹沢友美さん、村岡夕実さん
ゲームを手にポーズを決める(左から)大野恵子さん、竹沢友美さん、村岡夕実さん

   エレクトロニック・アーツが2008年12月18日に発売するレーシングゲーム、「ニード・フォー・スピード アンダーカバー」をPRするため、イメージガールを務める「ニード・フォー・スピード ガールズ」が東京・千代田区のJ-CASTニュース「モノウォッチ」編集部を訪れた。

   同ゲームは、日本でも6作品発売されている「ニード・フォー・スピード」シリーズの最新作。実在する日・米・欧の人気車種50種類以上が登場し、それらのハンドルを操りながらプレイヤーは大都市を走り回ることができる。

   編集部を訪れた「ニード・フォー・スピード ガールズ」の村岡夕実さんは、

「映画のようなリアルな映像で、迫力のあるレースを楽しむことができます。日産のGT-Rなどの、実在する車もたくさん出てくるので、ゲームが好きな方だけでなく、車好きの方にもお勧めです」

とPRした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中