2018年 9月 23日 (日)

灯さなくても美しい 北欧デンマークの照明

印刷

   冬の長く厳しい北欧・デンマークでは、必然的に家で長く過ごすことが多い。デンマークの人たちは部屋を明るくするためというより、日常のそれぞれの場に居心地の良い灯りを上手に取り入れている。

やわらかく温もりのあるトルボーの光

「トルボー」。乳白ガラス 径155×高160mm/700g 3万3600円
「トルボー」。乳白ガラス 径155×高160mm/700g 3万3600円

   "ものづくりの国"ともいわれるデンマークでは、数々の美しい照明がつくられてきた。ここで紹介するふたつの照明は、どちらも場を和らげるやさしい光を放つので、食卓のペンダントにおすすめしたい。

   乳白ガラスを透明ガラスで挟み込んだ三層の吹きガラスシェード、「トルボー」。これは職人によるハンドメイドである。

   内側は凹凸のあるフロスト加工になっているため、光をやわらかく拡散し、温もりのある光をつくる。

   またPHシリーズはデンマークを代表するデザイナー、ポール・ヘニングセン(1894-1967年)がデザインした楕円形リフレクターをモチーフに、ルイスポールセン社がデザインしたもの。

   シンプルなシェードは、その存在を主張することなく、どんな空間にもなじむ。

 

PHシリーズは黄昏時の明るさを実現

「PH4/3」。アルミ、白色塗装マット仕上げ。径400×高200mm/1000g 4万6200円
「PH4/3」。アルミ、白色塗装マット仕上げ。径400×高200mm/1000g 4万6200円

   ポール・ヘニングセンは数多くの照明をデザインしたが、なかでも名作といわれ、今日でも人気なのが「PHランプ」。

   シェードの織りなす機能美を備え、いくつものバリエーションがあるが、ここで紹介するのは「PH4/3」。1966年発売以来のロングセラーで、3枚シェードのシンプルな基本形だ。

   やわらかな光を下方へ集めたシェードは、単にデザインを意識しただけではない。光源の眩しさを取り除くと同時に、無駄のない配光をつくりだすよう、シェードの長さや角度は緻密に計算されているのだ。

   陰影のある空間をつくり、部屋に奥行きをもたらすデンマークの照明。ただ美しいだけでなく、光の質を追い求め、そのかたちは生まれたのである。(商品の取り扱い/タルジェッティ ポールセン ジャパン)

   *『住む。』27号では、デンマークの美しいペンダントのほか、デンマークの名作椅子も紹介しています。

「住む。」編集部

住む。表紙
◆住まいと暮らしの雑誌「住む。」 http://www.sumu.jp/
住まいと暮らしに関するいろいろな知恵や工夫が学べる季刊の雑誌。昔から伝わる気候風土に適した知恵、あるいは現代の先端技術などの知識を提供し、ときには、食や衣まで含めて考える。また家から排出されるCO2の量を削減したり、ゴミを減らすことなども考慮した「住まい」を考える。住まいは、暮らしこみの姿であり、生き方の表現。この雑誌では、そうした住まいと暮らしに関わるさまざまな知恵や工夫、そして住まいの本質を「知ること」が愉しめる。発行・泰文館。

>>「住む。」バックナンバー


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中