次期レガシィの方向性が見える? 北米ショーに出展へ

印刷
大きなグリル、インテークで迫力あるデザインとなっている
大きなグリル、インテークで迫力あるデザインとなっている

   富士重工業は、2009年1月11日~25日に米国デトロイトで開催される2009年北米自動車ショーに「レガシィ コンセプト」を世界初出展すると、2008年12月17日に発表した。

   次期レガシィセダンデザインの方向性を表現したものとされ、3.6L水平対向エンジンを搭載していると発表された。詳細は未発表だが、フロント周りのデザインがわかる画像が公開されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中