ソフトバンクCM「お兄ちゃん」の自伝

印刷
ダンテ・カーヴァーさんの「波瀾万丈」の人生をつづった
ダンテ・カーヴァーさんの「波瀾万丈」の人生をつづった

   ゴマブックスは2008年12月25日、ソフトバンクのCM「お兄ちゃん」役でおなじみの俳優ダンテ・カーヴァーさんの自伝「Who’s That GUY?ダンテ・カーヴァー デス。」を発売する。四六判。160ページ。価格は1400円。

   ソフトバンクのCMで一躍人気者になったカーヴァーさん。夢を実現させるまでの「波瀾万丈」の人生を写真とともにつづる。

   目標である俳優の仕事がなく、フリーランスのモデルをしていたカーヴァーさん。当時の主な収入源は臨時の英会話講師だったという。そんな折、ソフトバンクのCMの「エキストラ」役の話が舞い込んできて、オーディションに向かったのだった……。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中