2018年 5月 26日 (土)

パンやケーキ、豆腐もできる保温釜

印刷
東芝の保温釜(写真は「RC-5PX」)
東芝の保温釜(写真は「RC-5PX」)

   東芝ホームアプライアンスは、内釜を厚くしてご飯をおいしく炊くほか、パンやケーキ、豆腐もつくれる保温釜を2009年1月1日に発売する。

   小容量IH保温釜「RC-5PX」は、高火力IH式と釜底を厚さ5ミリの鍛造厚釜とすることで、少量でもご飯がおいしく炊けるようにした。さらに「調理コース」を採用して、パンやケーキ、豆腐、温泉卵などをつくることができる。また、鍛造厚釜は耐久性が高く、「内釜3年保証」がついている。

   「調理コース」に蒸し機能がついた「RC-10PMD」と、蒸し機能のない「RC-10PMF」は、09年1月16日の発売。いずれも、内釜を4ミリの厚さにして蓄熱効果を高め、釜底の丸みで大きな熱対流を起こす「蓄熱本かまど厚釜」を採用した。

   いずれもオープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中