「ノー天気」なんて言わないで ギャルはポジティブが命なの

印刷

   ギャルウォッチも今回が2008年最後になります。

   今年1年、いろいろと書いてきて、激励だけでなく、時にはおしかりも受けました。本当に勉強になりますし、読者の皆さんにも感謝しています。2009年も私たちのことを厳しい目で見守っていただければ幸いです。

   あと、私事で恐縮ですが、これまでの社名「有限会社G-Revo」がこのほど、「有限会社SGR」に変わるとともに代表取締役社長も藤田志穂から西本裕美にバトンタッチさせていただいたことをご報告します。今後ともかわらぬご声援をお願いします。

世間は「変」だけど、ギャルは「幸」

遊んでいるようでも、じつはオシゴトです
遊んでいるようでも、じつはオシゴトです

   さて、08年最後のテーマは「今年を漢字一文字で表す」。

   12月12日、「漢字の日」にちなんで日本漢字能力検定協会が「今年の漢字」を発表したのをご存知ですか? これ、毎年発表しているもので、07年は「偽」、06年は「命」、05年は「愛」・・・といった感じで選ばれています。

   その1年に起きた事件や現象などを総合的にみて発表されていますが、今年08年は「変」でした。

   「変」の選定理由については、自然災害や事件、事故などジャンルを問わず今までにない「変」な出来事が多く発生し、また首相の突然の交代劇や有名スポーツ選手の引退が相次ぐなど「変化」の年であったことのようです。

   漢字一文字で表すのは難しいですか皆さんの今年1年を漢字で表すとどうなりますか?

   結婚して「幸」せな人や、学校や受験勉強で「学」んだ人、子供が生まれて「愛」した人、好きな人と別れて「涙」した人・・・。

   色んな1文字があると思いますが、今回はギャル2万人に「今年の一文字を漢字」で表現してもらいました。

【5位 変】
今年の1文字漢字と同じ「変」が5位にランクイン。
彼女達も政治や経済に興味をもっている子が意外にも多く「不景気」を気にして将来の事や就職について真剣に悩む子が増えました。
来年は「良い変化」を起こしたいという真剣な子も多くいるんです。

【4位 激】
5位に続き、今年の政治の動きやガソリンの急激な価格変動が印象深い
1年だったという意見が多かったです。

【3位 盛】
今年、ギャルの中で流行った言葉の影響でしょう。
例を言うと、「盛りヘアー(ゴージャスに髪の毛をセットする事)」や「盛りプリ(光やメイクで自分の顔を可愛く写してプリクラで撮影する事)」「盛サギ(スッピンが全く想像出来ないくらい化粧をする事)」などがあります。
とにかく美、ファッション、流行etcすべてに関して「盛る」1年でした。

【2位 美】
ギャルの永遠のテーマである「美」がランクイン。
年々彼女達のファッションセンスやメイク技術が上がっています。
あのギャルのカリスマの浜崎あゆみさんやもギャル雑誌「小悪魔ageha」が愛読書というほど彼女達の美は注目されているのです。

【1位 楽】
今年多くのギャルが感じた一文字漢字は「楽」でした。
08年は「不景気」でリストラや就職難で困っている方も多く、しかも来年はもっと「不景気」になると言われている日本ですが、彼女達の大半は「景気が悪くても気持ちまで不景気になったらもっと駄目な日本になる」や「悪い時ほど元気に楽しく行きましょう!」とポジティブな意見が多数あがっています。

   客観的すぎると言われるかもしれませんが、これからの経済はどんなに悪くても「明るく前向きに楽しむ」ことこそ、未来がみえる一歩に繋がると思うんです。

   他には 愛、幸、翼、絆、蝶、無といった一文字が挙がっていましたが、基本的には「幸せ」を感じられる1文字が多かったようですね。

   高校生の自殺、他殺、いじめ問題etc暗いニュースも多くありますが、彼女達の中ではほとんどそのような暗い事件はなく、逆にとても仲間思いで明るい子ばかり。もし皆さんの中で少し悩んでいる方や元気がない方は渋谷に来てギャルに声をかけてみてください。

   多分必ず元気にしてくれますよ。

   そして、09年は全国民が「幸」せな1年になるように、私たちも祈っています。

有限会社SGRひぃ

アナタにとって2008年はどんな年でした? 漢字1文字にすると・・・
「驚」
「苦」
「悦」
「珍」
「貧」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中