2018年 6月 22日 (金)

三菱の「i」、グレード展開を見直し

印刷
ボディカラーはラズベリーレッドパールなど3色を追加、全10色が用意される
ボディカラーはラズベリーレッドパールなど3色を追加、全10色が用意される

   三菱自動車は、「i」を一部改良し、2008年12月24日から売り出した。

   グレード展開を見直し、ターボエンジン搭載の「T」と、自然吸気エンジンを搭載、装備も充実させた「Vivace」、手ごろな価格の「S」の3つに集約した。

   「T」は、本革巻ステアリングホイールなどを装備し、内装飾はブラックとなる。「Vivace」は、汚れやシミが付きにくい「汚れプロテ クト加工シート」を採用している。

   価格は106万500円~158万5500円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中