2021年 6月 19日 (土)

「強いアメリカ」はどこへ? 08年自動車業界を振り返る

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   前年末に発売された「NISSAN GT-R」は、メディアのみならずデパートの福袋にまで登場、自動車業界の08年はちょっとしたお祭り気分で幕があけた。そう、思い返してみれば前半は実際にとても景気が良かったのだ。しかし、秋に起きた金融危機は自動車業界を直撃。アメリカのビッグ3はその経営が危ぶまれ、クライスラーに至っては1か月間の工場操業停止を発表。あのトヨタですら赤字の見通しを先日発表したばかりだ。暗い話ばかりの自動車業界だが08年はどんな1年だったのか? 発売された商品を中心に少し振り返ってみたい。

4人乗れるスポーツタイプの販売が目立った欧州車

ポルシェの4ドアモデル「パナメーラ」
ポルシェの4ドアモデル「パナメーラ」

   目立った新車の発売もなく既存車種の仕様変更ばかりで、文字通り元気のなかった米国に対し、欧州のメーカーは新車の発表が相次いだ。とくに、4シーターのスポーツタイプ発売が目立ったといえるだろう。

   アウディは11年ぶりに2ドア4シータークーペ「A5」を送り出したし、フォルクスワーゲンも4ドア4シータークーペ「パサートCC」を発売。スポーティなイメージを持つ"クーペ"といえば普通は2シーターだが、今年に入り4シーターが目立つようになった。

   4人が乗れるスポーティな車、この流れは09年以降も当面続きそうだ。映画「007」シリーズにも登場するスポーツカーのメーカー、アストンマーチンも4ドア車を09年に発売する予定と発表したし、イタリアのランボルギーニも秋に開催されたパリサロンで4ドアタイプのコンセプトモデルを公開。ポルシェに至っては「パナメーラ」のボディーサイズと写真が公開されており、09年内の発売へ秒読み段階だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!