PCにデータ取り込める電子黒板

印刷
「電子黒板」 フィルムボードとスチールボードの2タイプ
「電子黒板」 フィルムボードとスチールボードの2タイプ

   パナソニックコミュニケーションズは、搭載する液晶ディスプレイの利用によってパスワードを設定してセキュリティに配慮したほか、専用のソフトウェアがなくてもパソコンにデータが取り込める電子黒板(フィルムボードとスチールボードの2タイプ6機種)を、2009年1月20日から発売する。

   フィルムボードタイプでは、かすれた文字などを、より忠実に読み取れるよう性能をアップした。希望小売価格(本体)は、フィルムボードタイプ(2機種)が23万6250円(カラーワイドモデル)と20万1600円(カラー標準モデル)。スチールタイプ(4機種)は、カラーワイドモデルが28万2450円、カラー標準モデルが26万6700円、モノクロワイドモデルが19万8450円、モノクロ標準モデルは18万2700円。プリンターセットは2万6250円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中