2018年 7月 20日 (金)

PCにデータ取り込める電子黒板

印刷
「電子黒板」 フィルムボードとスチールボードの2タイプ
「電子黒板」 フィルムボードとスチールボードの2タイプ

   パナソニックコミュニケーションズは、搭載する液晶ディスプレイの利用によってパスワードを設定してセキュリティに配慮したほか、専用のソフトウェアがなくてもパソコンにデータが取り込める電子黒板(フィルムボードとスチールボードの2タイプ6機種)を、2009年1月20日から発売する。

   フィルムボードタイプでは、かすれた文字などを、より忠実に読み取れるよう性能をアップした。希望小売価格(本体)は、フィルムボードタイプ(2機種)が23万6250円(カラーワイドモデル)と20万1600円(カラー標準モデル)。スチールタイプ(4機種)は、カラーワイドモデルが28万2450円、カラー標準モデルが26万6700円、モノクロワイドモデルが19万8450円、モノクロ標準モデルは18万2700円。プリンターセットは2万6250円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中