5.5倍録画対応のブルーレイレコーダー

印刷
黒色のスマートなデザイン
黒色のスマートなデザイン

   パナソニックは2009年2月1日、「DIGA」シリーズからブルーレイディスクレコーダーの新商品4機種を発売する。

   容量50GBのブルーレイディスクに、最長24時間の映像を録画できる5.5倍長時間録画機能を装備した。また、ワンセグ放送を録画してSDカードに転送する機能を新たに搭載。SDカードに転送したテレビ番組を携帯電話などで視聴できる。動画共有サイト「YouTube」の視聴機能も備え、「YouTube」に投稿された動画を本体と接続したテレビで楽しめる。ハードディスクドライブ(HDD)も内蔵する。

   想定価格はチューナー2基搭載で容量1TBのHDDを内蔵する最上位機種「DMR-BW950-K」が25万円前後、チューナーが1基でHDDの容量が250GBの普及機種「DMR-BR550」が10万円前後。また、同日にDVDレコーダーの新商品2機種も売り出す。価格は7.5万円~10万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中