米女性がハマるエコバッグ 「Trader Joe’s」ブランド

印刷

   明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

   08-09年の年末年始は日本でした。「あれをしよう」「これもしよう」とあれこれ計画を立てて、楽しみにしていたにもかかわらず、親子で風邪をひいて寝込む羽目に。2日間ひたすら寝てなんとか持ち直したものの今度は寝過ぎて腰痛になりました。そのため寝ながらふと「なんのための日本滞在か?」と自己嫌悪に陥ってしまいました。

   そうはいってもちょっと回復した間に、友人親子と会ったり、日本で闘病生活を送っている幼い息子さんの看病をしている友人を訪ねたり、後輩のお墓参りをしたりと「おさえるところはおさえることができて、充実していたなあ」と自分を慰めていました。

   さて彼らにあげたアメリカ土産で好評だったのがエコバッグ。前回のコラムでアメリカ旅行土産について触れましたが、エコバッグもお薦めのグッズです。

大手スーパーなどが安価なエコバッグを販売

Trader Joe’sの赤いエコバッグは大人気
Trader Joe'sの赤いエコバッグは大人気
Trader Joe’sにはこんなエコバッグも
Trader Joe’sにはこんなエコバッグも(98セント)

   日本よりエコ活動に後れをとっていたロスも、エコバッグはだいぶ浸透してきたよう。買い物袋の店頭での回収が法律で義務づけられるようになったせいもあるのでしょうが、大手スーパーや量販店も自社製エコバッグを1ドルぐらいで売るようになりました。

   それらの店のなかでも、かなり前からエコバッグ使用を進めてきたナチュラル系スーパー「Whole Foods」とお手ごろ価格の食のセレクトショップ「Trader Joe’s」のバッグは安くて使い勝手のいいものをリニューアルさせながら販売しています。

   価格はやはり1ドルぐらいものが多く、保温保冷機能が備わったバッグになると値段が高めになりますが10ドル以下で買えます。

   日本のエコバッグの中にはデザイナーブランドの高価なものもあり、正直驚くことが多いです。エコバッグのために高いお金を払うというのはこちらでは考えられないことかも。

   最近のイチ押しはTrader Joe’sのキャンパス地の赤いエコバッグ。価格は2.99ドル(約280円)とエコバッグにしてはちょっぴり高めなのですが、キャンパス地だけあって丈夫ですし、持ち運びも便利。見かけ以上に物がはいるので、こちら(アメリカ)の日本人の友人たちの評判もよく、「それならば、お土産として軽いし値段も手頃」ということで、今回、日本に帰国する際、20個近く購入して帰りました。

   私自身このバッグはお気に入りで、車にいつも2つは乗せています。夏はこれに保冷剤をいれたTrader Joe’sのクーラー機能のあるバッグが加わります。

   ちなみにTrader Joe’sで買い物の際にエコバッグを使うと、50ドル分(金額は支店によって違う)の商品券があたる抽選に参加できることもあり、エコバッグ持参者が増えたような気がしています。

日本で購入すると3倍以上!?

 「Whole Foods」のエコバッグは
「Whole Foods」のエコバッグは"ナチュラル"系。大は99セント、小は79セント

   夏に日本へ帰った友人によると、たまたまアメリカのエコバッグのみを売っているお店をみつけたので入ってみたところ、こちらでは1ドルしかしないはずのエコバッグが500円以上(!)の値を付けていて、たいそう驚いたそうです。実際、日本の通販サイトなどでもTrader Joe’sのエコバッグを見かけましたが1000円前後していました。

   今回エコバッグをあげた友人達には、実は去年も違うデザインのエコバッグをお土産にあげていたのですが「前にもらったエコバッグ、愛用しているの」と何人からもいわれ、うれしい気持ちになりました。

   エコ活動にしろオーガニックにしろ、アメリカではちょっと時代の先をいくTrader Joe's。機会があったらぜひのぞいてみてくださいね。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中