2018年 6月 18日 (月)

葉物をラップなしで保つ「鮮蔵庫」

印刷
野菜の保存 ラップなしでもOK
野菜の保存 ラップなしでもOK

   東芝ホームアプライアンスは、高い湿度と清潔な冷気で野菜の鮮度を保つ「プラチナ潤い鮮蔵庫 野菜収納名人」シリーズの新製品(GR-A47F)を、2009年2月1日から発売する。

   野菜の鮮度を保つため、同社独自の「i-ツイン冷却」によって約95%という高い湿度を実現したほか、野菜の老化原因となるエチレンガス、アルデヒド系ガスなどを分解する「プラチナプラスユニット」を搭載。これにより、脱臭や除菌しながら、しおれやすい葉物野菜もラップなしで保存できる。また、野菜室はキャベツや白菜など大きく重い野菜が取り出しやすいようにした「野菜真ん中レイアウト」設計にした。

   6ドア両開きタイプで、ドアポケット下段の高さを低く抑えることでペットボトルなどの重い食品も取り出しやすくした。色はパールホワイト、シルキーステンレス、シルバー。定格内容量は471リットル。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中