アウディ、「A6」シリーズを改良

印刷
ドアミラーはLEDウインカー内臓
ドアミラーはLEDウインカー内臓

   アウディ ジャパンは、「A6/S6RS6」の3モデルを改良し、2009年1月13日に売り出した。

   「A6」には、3リッターV6エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせ、420Nmのトルクを発生しながら燃費も向上させたエンジンをラインナップさせるなど、燃費と性能の両立を図っている。

   いずれのモデルもフロント周りのデザインが変更され、他のモデルと同様ヘッドランプにはLEDのポジショニングランプが内蔵される。

   また、今までワゴンのみの設定だった「RS6」にはセダンタイプも設定され、こちらのエンジンは最高出力580psとなっている。

   価格は「A6」が645万円~893万円、「S6」が1228万円~1260万円、「RS6」が1645万円~1680万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中