2018年 7月 19日 (木)

アウディ、「A6」シリーズを改良

印刷
ドアミラーはLEDウインカー内臓
ドアミラーはLEDウインカー内臓

   アウディ ジャパンは、「A6/S6RS6」の3モデルを改良し、2009年1月13日に売り出した。

   「A6」には、3リッターV6エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせ、420Nmのトルクを発生しながら燃費も向上させたエンジンをラインナップさせるなど、燃費と性能の両立を図っている。

   いずれのモデルもフロント周りのデザインが変更され、他のモデルと同様ヘッドランプにはLEDのポジショニングランプが内蔵される。

   また、今までワゴンのみの設定だった「RS6」にはセダンタイプも設定され、こちらのエンジンは最高出力580psとなっている。

   価格は「A6」が645万円~893万円、「S6」が1228万円~1260万円、「RS6」が1645万円~1680万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中