デジタルと水彩画の出会い 「変化」「再生」された寺門作品

印刷

   寺門孝之さんは最近ではすっかり人気画家。天使や夢のような風景の絵を作品としてだけでなく、本の表紙やポスターの形でもよく目にする。そんな寺門さんの個展が表参道の「ピンポイントギャラリー」で開かれている。「猫とねずみとぼくらのオペラ」と題された展覧会には2冊の絵本の原画を中心にした作品が並べられている。

「絵本の中の絵とぜんぜん違う」

展覧会の壁に飾られた作品はどれもほのぼのとしたもの
展覧会の壁に飾られた作品はどれもほのぼのとしたもの

   たまたまギャラリーにいらっしゃった寺門さんができあがったばかりの絵本を手に教えてくれた。「絵本の中の絵と比べるとどの絵もぜんぜん違うんですよ。」

   言われるまで気づかないものだが、改めて見ればどの絵もまったく違う。これはもうギャラリーで見比べていただくしかないのだけれど、寺門さんは今回、長らく封印してきたとご本人が言うデジタル手法を取り入れたのだそうだ。つまり、一度描いた自分の絵をデジタルの中で構成を変えていったのだ。いわばコラージュだ。そして最後に実際の絵に対しても、舞台構成は変えずに要素の位置を変え、作品としての仕上がりに変化を与えた。

   寺門さんは以前CGやデジタルコンテンツの制作に携わっていた。水彩画で日本グラフィック展大賞を受賞したのをきっかけにフリーランスの画家となった。彼の絵の向こうにデジタルな気配はかけらもないが、知識は十分にあったわけだ。水彩画もCGも寺門さんの道具としてそこにあったわけだ。ただしいい加減に持ち出すのではなく、これこそというテーマだからこそ使ったのだろう。「ぼくらのオペラ」と題した絵本は1995年の阪神大震災の経験以降温めていたイメージだと言う。再生、さらには創生していくことの喜びがある。この作品だからこそ寺門さんは、こだわりを外し、デジタル手法を組み合わせたのだろう。

水彩画、油絵、CG・・・消えていく線引き

絵本「ぼくらのオペラ」の表紙につかわれた絵
絵本「ぼくらのオペラ」の表紙につかわれた絵

   寺門さんの作風も改めて変化していくのかもしれない。作品を拝見しながら、これからのグラフィック表現というのは描くという行動についての道具にコンピューターを当然のように加えていくのだろう。どこまでが水彩画、どれが油絵、どれがCGという線引きはきっと消えていくのだろうと思う。その時には自分がどうこだわるのか、どうこだわらないかという手法への考え方がその人の作品を大きく変えていくのだろう。

   寺門さんの常設の展示会場「寺門孝之ミュージァム」でも別の展覧会をしている。「テラカド・ジャポネスクー宝船が行く」。こちらも、見晴らしのいい場所でゆったりとした気分にひたらせてくれる展覧会だ。どちらも表参道。ふたつのギャラリーをハシゴするもの面白い。


◆坂井 直樹 プロフィル

坂井直樹氏
ウォーターデザインスコープ代表/コンセプター。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授。1947年京都市出身。京都市芸術大学デザイン科入学後、渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立。ヒッピー達とTattooT-shirtを売り、大当たりする。帰国後、ウォータースタジオを設立し、日産「Be-1」「PAO」のヒット商品を世に送りだし、フューチャーレトロブームを創出した。2004年デザイン会社、ウォーターデザインスコープ社を設立し、ケイタイを初めとした数々のプロダクトを手がける。現在auの外部デザイン・ディレクター。07年9月、新メディアサイト「emo-TV」を立ち上げる。同年12月には、日常の出来事をきっかけにデザインの思想やビジネスコンセプトを書きつづった「デザインの深読み」(トランスワールドジャパン刊)を著した。

>>>emoTV ムービーのココロミ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中