2018年 7月 18日 (水)

動画の合成機能を備えたデジカメ

印刷
画像は「EX-S12」
画像は「EX-S12」

   カシオ計算機は動画を合成できるデジカメ2機種を2009年1月23日から順次売り出す。

   いずれの機種にも、画像の変換性能が高い新開発の処理回路「EXILMエンジン4.0」を搭載した。撮影した動画の中から人などの動く被写体を切り抜き、別の静止画の上に合成することができる。同社によれば動画の合成機能を備えるデジカメは世界初だという。

   発売するのは名刺とほぼ同じサイズ(94.2mm×54.6mm×14.9mm)で薄型の「EX-S12」と、広角28mm対応で光学4倍ズームを搭載した「EX-Z400」。ともに画素数は1210万画素で、SDカードに対応する。

   本体色は「EX-S12」がゴールド、ピンクなど3色、「EX-Z400」がブラック、シルバーなど4色。想定価格は各3万円台後半。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中