2018年 5月 28日 (月)

手のひらサイズのビデオカメラ

印刷
シンプルなデザイン
シンプルなデザイン

   ソニーは2009年2月20日、小型のデジタルハイビジョンカメラ「HDR-CX120」を発売する。

   大きさが手のひらサイズ(55mm×60mm×114mm)で、重量は330gと小型軽量に抑えた。内蔵メモリーに最長6時間30分のハイビジョン映像を撮影できるほか、付属のメモリースティックを併用すれば最長13時間の長時間撮影が可能だ。

   同社のデジタルカメラで使われている画像処理回路「BIONZ」などを搭載しており、静止画撮影にも対応する。動画撮影中に被写体の笑顔を検出すると自動で静止画も保存する「スマイルシャッター機能」も備える。レッド、ブラック、シルバーの3色。想定価格は10万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中