2018年 5月 27日 (日)

次の「レガシィ」はこんな具合? スバルのコンセプトカー

印刷
フェンダーの造形も目を引くデザイン
フェンダーの造形も目を引くデザイン

   スバルは、2009年1月11日から25日まで、米国デトロイトで開催されている「2009年デトロイトモーターショー」に、コンセプトカー「レガシィ コンセプト」を出展している。

   レガシィセダン誕生20周年を記念し、将来のレガシィセダンデザインの方向性を表現したという。「存在感」を外装の、「高品位」を内装のデザインコンセプトとし、張り出し感の強いフロントバンパーや、大人4人がゆったり座れる室内空間などが特徴的。ボディサイズは全長×全幅×全高が4795×1820×1500(単位はmm)で乗車定員は4名。3.6L水平対向6気筒エンジンをフロントに納めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中