2018年 7月 16日 (月)

最上段の棚も確認しやすい冷蔵庫

印刷
取り出しもスムース!
取り出しもスムース!

   東芝ホームアプライアンスは、3ドアタイプとしては最大91リットルの冷凍室を持つ「置けちゃうスリム」(GR-A38N)冷凍冷蔵庫を、2009年3月1日から発売する。

   3ドア下段の冷蔵室は、高さ約26センチの冷凍食品まで入れられる深さがあり、1リットルの牛乳パックをそのまま立てて収納できる。キャベツや白菜などの重い野菜も取り出しやすいように、腰の高さに合わせた「野菜室真ん中レイアウト」を採用。高さ173.4センチのロータイプ設計で、冷蔵室の最上段の棚の確認や食品を取り出しやすくなっている。

   横幅は60センチに抑えたスリム設計。野菜室や冷蔵室は、冷気が直接食品にあたらない冷却方式で乾燥や冷えムラを抑えるほか、室内に発生したニオイ分子を吸着し脱臭する「低音触媒脱臭」を搭載した。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中