2018年 6月 23日 (土)

病気にかかりにくい緑茎のトマト台木

印刷
農家にとっては心強い
農家にとっては心強い

   タキイ種苗は、病気にかかりにくい緑茎のトマト台木「グリーンガード」を、新たに発売する。2009年1月22日に発表した。日本には、緑茎の台木品種はなく、同社が初めて品種改良に成功した。

   トマトは現在、最も耐病性育種が進んでいる野菜の一種だが、気温や湿度の違いでさまざまな病害が発生する。なかでも、土壌病害は発生後に農薬で防除することがむずかしい。

   そのため、接ぎ木によって回避する方法が主流になっているが、台木品種は幼苗期の胚軸(茎)が穂木品種と同じ紫色なので、穂木と台木を誤って反対に接ぎ木することがあった。「グリーンガード」は、幼苗期の胚軸(茎)が緑色なので穂木品種(紫色)との識別が容易なため接ぎ木の間違いが起こりにくく、青枯病やコルキールートと呼ばれる病気への土壌病害に強い。価格は、1000粒で1万2600円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中