2018年 7月 22日 (日)

「2100円」のウエディングドレスって、どんだけ~!

印刷
レンタルするより買った方が安い?
レンタルするより買った方が安い?

   貸衣装店で使用されていた服、約5万点を安値で提供する「貸衣裳大処分市」が2009年1月29日~2月4日まで、京王百貨店の新宿店7階大催場で開催される。

   99年7月に開催して以来、今回で16回目を迎える同イベント。

   貸衣装として提供される服は質の良い高額商品であることが多く、また定期的に新商品も投入されるため、"処分品"とはいえ、その状態は良好なのだという。

   そんな良質の中古服を販売価格の約10分の1以下という「超破格値」で購入できることで、会場は毎回多くの客でにぎわっている。

   今回販売される商品は、卒業式や七五三を見込んだ袴(5250円~)・振り袖(9975円~)の他に、ウエディングドレス(2100円~)・男性用礼服(3150円~)といった結婚式関連商品、「逸品呉服」など。

   また、ダイヤ・パール・珊瑚などの「ジュエリー処分市」やアクセサリーのリフォーム、新品爬虫(はちゅう)類バッグの販売など、装飾品関連の催しも同時開催される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中