明るさを自動調整する照明器具

印刷
自動的に調光して節約
自動的に調光して節約

   パナソニックは、センサーで常に部屋の明るさを検知して自動的に明るさを制御する住宅用照明器具「オートエコ調光付ツインPa」を、2009年3月1日から発売する。

   地球温暖化防止への関心が高まるなかで、家庭の照明は消費電力が多く、最近では省エネ性能の高い電球形蛍光灯が注目されている。この商品は、業界初の「明るさ自動制御機能」を搭載、外の光を検知しながら自動的に調光。日中を中心に消費電力を約60%削減する。「ツインパルックプレミア蛍光灯」で、「明るさ長持ちNO.1」を実現した。

   蛍光灯は100形と85形の2機種を用意。オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中