2018年 7月 18日 (水)

「もうおなか一杯でごあす!」池袋東武に「鹿児島の美味」勢ぞろい

印刷
写真は「豚とろラーメン」
写真は「豚とろラーメン」

   東武百貨店の池袋店10階催事場で2009年2月13日~24日まで、「第28回 大鹿児島展」が開催される。

   ほぼ年に1回開催されている同イベントには、遠く鹿児島の味を東京にいながら堪能(たんのう)できるということで多くの客が訪れている。

   28回目となる今回も、地元で話題の濃厚とんこつラーメンやスイーツ、伝統のさつまあげなど、鹿児島を代表する「美味」が集まった。

   中でも注目なのは、イベント初登場となる「ぶるぺん」の「鰹一本釣り弁当」(1260円)と「ゆうしょく亭」の「赤鶏手羽香味揚げ」(420円/100g)。素材のうまみが口一杯に広がる絶品料理だ。

   会場内には、イートインコーナーも設けられ、その場で鹿児島の味を楽しむこともできる。

   ここでは、豚の首まわりの肉を使ったチャーシューが売りの「豚とろラーメン」(801円)、奄美大島の郷土料理を使った「奄美鶏飯ときびなご刺身」(1575円)、昨年好評だったという「アイアイラーメン」の「赤とんこつ」(788円)、鹿児島名物の黒豚を使った「黒かつ亭定食」(1291円)の4品が販売される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中