消費電力最大5割減の「新・ビエラ」

印刷
本体を薄型化した「Zシリーズ」(54型)
本体を薄型化した「Zシリーズ」(54型)

   パナソニックは2009年2月3日、薄型デジタルテレビ「新・ビエラ」シリーズの新製品13機種を発表した。09年3月1日から順次発売する。

   売り出すのは本体を薄型化した46型~54型の「Zシリーズ」3機種、画質を高めた32型~50型の「Vシリーズ」5機種、価格を抑えた32型~50型の「Gシリーズ」5機種の3シリーズ13機種。42型以上の9機種はいずれもプラズマテレビで、新開発のパネルを採用したことなどで画質を高めたほか、年間の消費電力も最大で50%程度削減した。

   また、全機種でSDカードスロットを内蔵し、デジカメで撮影した画像や動画などを大画面テレビで楽しめるようにしたほか、「Zシリーズ」と「Vシリーズ」は動画共有サイト「YouTube」の視聴機能も搭載した。

   想定価格は「Zシリーズ」が55万円(46型)~70万円(54型)、「Vシリーズ」が20万円(32型)~40万円(50型)、「Gシリーズ」が14万円(32型)~35万円(50型)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中